腕時計のバンド部分の進化が目覚ましい

個人や企業が持つアイデアを実現させるための資金を集めるサイトを覗くと、一本の腕時計にまつわる興味深いページが見つかりました。バンドの部分に多種多様な機能を凝縮させることによって、腕時計の可能性を広げることがコンセプトの一品です。そうすると基板などの部品が多くなりゴツゴツするはずなのですが、いろいろと工夫されているようでスマートなデザインになっており驚きました。

まず注目した機能は、非接触型の情報伝達に関するものです。身近なものだと駅の改札で用いるカードに含まれているものが該当しており、これに似たものがバンドに埋め込まれている事実には仰天しました。まだ実用段階には至っていませんが、もしも市販化されたならバンドをレジカウンターにかざすだけで買い物ができてしまうと思います。今でこそ財布を持ち歩かなくてもいい時代に突入していますが、これからはより便利になるのだろうと感じました。

他に特筆するべきは、使用者の好みによって各種通知方法を変更できることです。たとえば、着信などの情報通知を色が付いたランプで識別できることが該当します。他にもバイブレーションに対応しているようなので、多機能なバンドに感動しました。