腕時計買うならソーラー電波がオススメ

皆さんは腕時計を購入される際、どういった事に重点を置いて選んでいますか?ブランド、デザイン、素材、表示方法(アナログ、デジタル)、製造国、価格・・。などなど、一口に腕時計といっても、様々な要素によって成り立っていますからね、人それぞれ重視するポイントは全く違ってくるかと思われます。そんな中、個人的におススメなのが、ソーラー電波を採用した腕時計であります。ソーラー電波腕時計というのは、電池交換と時計合わせが不要な腕時計のことであり、要は腕時計のデメリットを完全に払拭した優れた技術が採用されているわけなんですねえ。皆さんもご経験があるかと思いますが、外出しようと思った時に腕時計が止まっていたら最悪ですよね。腕時計というのは、時刻を把握するための使い道以上に、コーディネート(アクセサリー)としての意味合いが強い訳で、止まった腕時計を身に着けることほどカッコ悪いことはありません。しかしながら、通常の腕時計を身に着ける場合、電池交換は避けては通れない、いわば宿命であります。それを自分で手軽にできれば、全く問題ありませんが、電池交換にはそれ相応の技術が必要となり、素人が思い付きでやってしまうと、取り返しのつかないキズを生じさせる事になりかねません。その点、ソーラー電波腕時計ならば、購入後一切メンテナンスをする必要がありませんからね、最も使い勝手の良い腕時計だと言えるのではないでしょうか。

私が思う腕時計の魅力についての話

腕時計は安くても高くてもアクセサリーの一環としてつけることの出来る腕時計!しかも携帯で時間を見る人が多いなか、腕時計でスタイリッシュに時間を確認する姿はキュンキュンします。

しかも高い時計、ロレックスやフランクミューラなどはそんなに価値も落ちないので財産になるので若い時に買ってても惜しくは無い品物だと思います。また、付けてると箔がつきますしね。

最近はDWと書いたダニエルウェストンの時計が流行ってますよね。ドラマでも石原さとみが付けてたし、フェイスの色やモデルによっても針の色がブルーだったり文字盤がシンプルなものからギリシャ数字だったり凄く良いです、そして値段もお手頃!デザインもシンプルなのでフォーマルにも合いますし、カジュアルにもあいます。また、ダニエルウェストンはベルトを変えることが出来るのでコーディネートによってベルトを変えて使うということも可能です。フェイスのサイズも38〜40ミリが流行ってるので旦那と嫁、彼氏と彼女などで共有して使うこともできると思います。しかも、紹介コードを使って買うと15〜20%オフ!!プレゼントにも凄く良い品物だと思います。

でも、最近は偽物のロレックスなど見ないですよね?笑。

DWに続く、これから人気が出そうな腕時計の紹介

腕時計といえば、時間を確認するものであるという認識は当たり前かつ一般的です。

しかし、時間を確認するという用途の他にもファッションのために、どちらかと言うとアクセサリー感覚つけている人がいるのも事実であり、私もそのタイプです。

特に夏の服装では、Tシャツ1枚にジーパンというシンプルな服装でもオシャレな腕時計が加わるだけで華やかな印象になります。時間を確認するという本来の目的がおまけになりつつありますが、物の楽しみ方は人それぞれで良いと思います。

最近では、特に女性の間でDaniel Wellington(ダニエルウェリントン)の腕時計が大流行しています。その後を追うようにしてじわじわと人気が出始めているのが、PAUL HEWITT(ポールヒューイット)です。2009年に設立されたドイツ発のアクセサリーブランドであり、リーズナブルな価格からは想像できない高級感と洗練された碇を取り入れたデザインが特徴的です。ストラップは付け替え可能で、豊富な種類が用意されています。腕時計の他にアクセサリーのデザインもステキで、重ね付けをすることで更にレベルアップしたオシャレを楽しむことができるでしょう。碇を取り入れたデザインのため、特に夏にはおすすめです。日本公式サイトもオープンしたため、チェックしてみても良いかもしれません。

高級腕時計はむしろお得かも

「高級腕時計はむしろお得!」などと言いますと、高級腕時計を売りつけるセールスマンのようですが、まったくもって違いますからね。もう少し具体的に言いますと、高級な腕時計ひとつで自分の着ているファストファッションまでもを高級なものに見せることだってできるのですから。

いや、値段が何も高級ではなくたっていいのです。アンティークなものだけれど安価な腕時計だっていいんですよ。とにかく「高級そうに見えること」がポイントだったりしますからね。腕にひとつ、高級そうなものを身につけておくことによって、全体を高そうなものに見せる効果がありますから。

たとえば、腕時計ではなくバッグひとつでもいいでしょう。たった一点だけでも値段がはるもの、高級そうに見えるものを身につけておくことによって、全体が良いものに見える効果がありますから。「高そうなものを身につけている人だから、これもあれも高いんだろう」と、周囲の人は勝手に思ってしまうのです。

ですからこそ良いのです。なおかつ、腕時計はバッグと違って常に身につけておくものですからね。言ってみれば「服も自分もよく見せるためのお守り」だとも表現できるでしょう。ですからこそ、良い腕時計を身につけておくことも大事なのです。

子供の初めての腕時計はアナログで、シンプルな安いものが良い

子供が小学生になると、子供同士で遊ぶ約束をして出かけることが増えます。その時、多くの場合親と帰宅時間の約束をするはずです。しかし外で時計を確認できる機会は実はあまりありません。携帯電話があれば時間の確認ができますが、まだ低学年のうちは持たせたくないという人も多いでしょう。そんな時は、腕時計を持たせると便利です。では、子供に初めて持たせる時計はどういったものを選べばよいでしょうか。

まず、デジタルよりはアナログのものの方が良いでしょう。小学校に入学すると、時計の読み方を習います。もちろんアナログ時計の読み方です。普段から自分の時計でアナログの文字盤に慣れていれば、学校で習った時にもスムーズに理解できるでしょう。

それから、デザインはシンプルなものがおすすめです。文字盤の形が定番の円形でなかったり、数字や針のデザインが変わっているとお洒落ですが、ぱっと見て分かりにくいことがあります。子供が時間を読むのに手間取るようでは意味がありません。ですから、時計に慣れないうちはデザインは凝っていないものの方が良いのです。

最後に、あまり高価なものは与えない方が無難です。子供は遊ぶときには当然激しい動きをします。その結果、壊れてしまうこともあるでしょう。あるいは、ちょっとの不注意で失くしてしまうことも考えられます。そんな時必要以上に子供を責めないで済むように、年齢が小さいうちは安いものを使わせるのが親にとっても子供にとっても安心です。

腕時計は子供にとってはちょっと大人に近づいたような気分がする特別なアイテムに感じられることでしょう。これを機に、時計の読み方はもちろん、時間を管理することや物を大事に使うことなどを一緒に教えていけると良いですね。