機械式腕時計の魅力について

みなさんは普段どんな腕時計を身に付けていますか?近年クォーツ式(電池式)の腕時計の他にソーラー電波で電池交換の必要のない腕時計が出てきて大変便利ですよね。しかしクォーツ式の時計が出る前まではずっと機械式の時計が作られていました。

機械式の時計とは、ゼンマイを巻き上げてゼンマイの緩みを動力に動く時計のことです。機械式の時計には大きく2種類に分かれます。それは手巻き式と自動巻き式です。

手巻き式は竜頭を指で回してゼンマイを巻き上げるタイプで、自動巻き式は時計内に半月型または三日月型のローターがあり、ローターがゆらゆらと揺れることによってゼンマイが巻き上げられるようになっています。

機械式の腕時計の魅力はまさに”生きている”と感じるところなのではないでしょうか?機械式の時計にはスケルトンタイプやオープンハートタイプなど、内部のメカが覗くことが出来る物も多く機械が動いている様子を見ることができます。それによって時計の鼓動を感じることができます。さらに日差±10秒前後の誤差が出てきますが、それもまた生きている時計の魅力かと思います。

もし機械式腕時計が気になる方は是非調べてみてはいかがでしょうか?きっとその魅力にハマるかもしれません。